いつも筑波ハムオンラインショップのご利用ありがとうございます。
 御中元をはじめとして暑中御見舞・残暑お見舞、またお盆となにかと頂き物や贈り物の多くなる季節です。
 季節のご挨拶は、時期がきまっていますね。
 夏の季節にふさわしいご挨拶について、まとめてみました。

●御中元・暑中御見舞・残暑御見舞
 夏のご挨拶といえば「御中元」ですね。
 御中元とは、中国から伝わってきた道教の年中行事が由来となっており、中元(7月15日)の日前後に日頃の感謝の気持ちをお届けすることが習慣となりました。
 また、7月15日は盂蘭盆(お盆)でもあることから、ご先祖様を敬い健康を願う気持ちもあわせた風習となります。
「御中元」本来の意味としては、7月はじめから中旬までにお届けするものですが、お盆の頃の贈り物・お供物という意味も持っていたことから、旧盆(8月15日)頃までお届けする地域もあります。
 夏の季節の御挨拶としては、暑中見舞や残暑見舞もありますので、時期を逸してしまったかしら? というときには暑中御見舞・残暑御見舞としても良いのではないでしょうか。
「暑中御見舞(目上の方へは「暑中御伺」)」は、二十四節季「大暑(7月20日ごろ)」の頃から「立秋(8月6日ごろ)」までの期間に贈ります。
「残暑御見舞(目上の方へは「残暑御伺」)」は「立秋(8月6日ごろ)」以降「処暑(8月20日ごろ)」までです。
●熨斗の種類
 御中元は、ずっとご縁が続くことを願っての贈り物ですので、毎年贈ることが一般的です。
 お世話になった方へ感謝をこめて、また、久しぶりのご挨拶に今年限りの贈り物をなさる場合には「御礼」や「御挨拶」程度のお熨斗をかけてはいかがでしょうか。
 7月15日を過ぎてのお届けになる場合や御中元では大げさになる場合は、「暑中御見舞」目上の方へは「暑中御伺」、立秋を過ぎてしまった場合には「残暑御見舞」目上の方へは「残暑御伺」のお熨斗をかけます。
●記名は?
 熨斗には贈る方ご自身のお名前を記名します。
 苗字をご記名なさるのが一般的ですが、宅配便などでお届けの場合は送付状に送り主様のお名前が記されますので熨斗には無記名で、という方もみえます。
●予算は?
 3000円~5000円程度を考える方が多いようです。お世話になった感謝の気持ちですので、ご予算に応じてお選びください。

 宅配便などでお届けする場合は、お届け予定日の前にお電話やお手紙で
季節のご挨拶と贈り物を手配している旨のご連絡を差し上げることも大切ですね。

 季節のご挨拶にも、美味しい笑顔をお届けする筑波ハムのギフトはいかがでしょう。

定番ギフトセット
夏ギフト(2016年8月15日まで受付)