筑波ハムの取り組み

お客さまに安心していただくために

食の安全・安心は、今日では当たり前のこととなり、筑波ハムでは、それにプラスして、最高の味、美味しさを求めて努力してまいりました。
お客様の安心がどこから生まれるのか――。

それは、

原料豚がどこでどのように飼育され、
どのような工場で、
どのような工程を経て、
誰が製品化しているのか、「顔の見える生産者・製造者」であること

だと考えます。

製品の過程を知っていただくことで、安心・安全への信頼が生まれる、筑波ハムはそう思っております。
筑波ハム製品の原料となる豚は、茨城県産豚ローズポーク使用し、選ばれた養豚農家により育てられます。

三元交配(異なる三品種を交配することで、親豚より能力のすぐれた子豚が生まれる)のローズポークを、大麦を多く配した低カロリー飼料により、ゆっくりと時間をかけて育てることで、抗生物質等の薬品が不要な、健康な豚が育つのです。
良い飼料を用い、良い環境で育てることは、良質で美味しい豚肉の生産の絶対条件であります。
その豚を、熟練した職人が、昔ながらの徹底した手造り製法で、長期間低温で塩漬熟成し、桜の薪でじっくりスモーク。この桜の薪は、地元の原木から作っており、豊かな風味と味わいが生まれるのです。
食の安全と美味しさを求めて

美味しい手作りハムを作るために

美味しい手作りハムを作るために 当社の商品は、無添加ではございません。
それは、「美味しいハム」を造るうえで必要不可欠な発色剤を、必要最小量だけ使用しているからです。
発色剤をしないでおりますと、色味や風味に影響するばかりではなく、食中毒菌に対する抗菌作用が期待できません。

そのほかの、着色料、保存料、防腐剤、酸化防止剤、増量剤などの添加物は一切使用しておりません。美味しくて安全・安心なハムをお造りするために必要なことを、筑波ハムは、実行しているのです。

このようにして生産された豚肉は、料理としても、ハムやソーセージに加工しても、最高の風味と味をお楽しみいただけます。

また、弊社では乳製品の製造にも力を入れております。
新鮮な牛乳をベースに、数種類の乳酸品を独自の製法でじっくりと発酵させることによって生まれる、ヨーグルトやチーズの味わいは、他に類をみないコクを持ちます。

直営レストランでお召し上がりいただけます

筑波ハム直営のレストラン、自然味工房では、このこだわりのハムやソーセージ、乳製品を用い、素材の味を大切に手間と時間をかけてお作りする、絶品の料理の数々をお召し上がりいただけます。

また、食に関心がよせられる現在において、ハム、ソーセージの手造り体験教室をご希望するお客様が増加しております。「本物」を手造りして、それを食卓で味わうことは、健やかな心と身体を養う「食育」に繋がります。

ハム作りを通して、皆さまの健やかなくらしのお手伝いができることは、今、私どもの最高の喜びです。
自然味工房

つくばでお待ちしております。

近年、つくばエクスプレスの開通により、観光客が激増。また沿線の都市開発も進み、大型店が相次いで進出し、昭和50年代までの「研究機関の集まる街」という印象から脱皮し、つくばはよりハイセンスで先進的な街へと生まれ変わりました。筑波ハムを取り巻く環境も、日々めまぐるしく変化しております。

そんな中、名峰筑波山を仰ぎ見る市域には、手付かずの自然、河川や平地林、田園風景が広がっており、地域においては環境分野への取り組みも広がっています。
「自然と都会の共存、共栄」を果たすつくばは、今や「つくばブランド」として全国的に関心が広がっています。
筑波ハムでは、創業以来、この「つくば」の伝統や文化を守り、また新たな「つくば」を発信する地として、つくばならではの製品開発に取り組んでいます。

また、イベントや手造り体験教室を通じて、地元の皆様方との交流を深め、今後ともつくばの地で、美味しいハム作りに尽力する所存です。
ぜひ、本物の味をレストラン自然味工房で、また、ハムやソーセージ造りを体験し、手造りの味に触れてみてください。お待ち申し上げます。
自然味工房